家を羽アリの被害から守ろう|専門業者の利用を検討すべし

施工時に気をつける事

ハト

隙間を作らない

街中や公園などでよく見かける鳩は、日本に生息している鳥の中でも特に人間に身近な存在です。平和のシンボルというイメージもあって愛らしい印象を持たれる方も多いですが、実は人間の生活に少なからず支障をきたす害鳥という側面も持っています。被害は様々ですが、最も多いのは糞害です。見た目が汚いのはもちろんのこと、病原体などを媒介する恐れもあるので想像以上に危険なものです。開けた場所であればまだしも、自宅のベランダなどに入ってきて糞をされると、洗濯物も干せなくなってしまいます。もしベランダの手すりなどにとまっている鳩を見かけたら、早めに撃退手段を講じるようにしましょう。撃退方法としてよく用いられるのが、防鳥ネットと呼ばれる網で建物の開口部分を覆ってしまう対策です。大きな網で物理的に侵入を防ぐので目に見えた効果が出やすく、マンションのように開口部が限られている建物の撃退方法として有効性が高いです。休憩のために訪れている程度の鳩であれば、適当に網を張るだけで撃退できたりします。ただし、すでに営巣している鳩の場合は、慎重に施行しないと効果が出ない場合があります。鳩は一旦営巣した場所に強く執着する習性があり、網が張ってあっても何とかして入り込もうと隙間が無いか探します。例えばいくら網を張っても、網の目が大きいと網の目を通り抜けて中に入ります。同様に網の張り方がゆるくて建物との間に隙間がある場合も、鳩が潜り込んでしまう原因となります。以上の点を気をつけて防鳥ネットを施工すれば、執念深い鳩も撃退しやすくなります。なお、防鳥ネットは鳩の撃退方法として有効ですが、マンションなど鉄筋コンクリート造りの場合にはネットの設置に特殊な方法が必要になります。また高層階では施工時に転落の恐れもあるので、施工に際しては業者に依頼するようにしましょう。

Copyright© 2018 家を羽アリの被害から守ろう|専門業者の利用を検討すべし All Rights Reserved.