曲り角の女性たちに

美容クリーム

日々のスキンケアにアンチエイジングの化粧品を用いましょう。50代以降の肌にも効果は認められています。特に話題なのは、化粧品メーカー以外の参入です。ユニークな成分も発見されているので、自信のある肌に導くために使用してみませんか。

もっと読む

シミやクマをカバーする

ファンデーション

テクスチャーを選ぶ

女性が肌を美しく見せるために使う化粧品といえば、ファンデーションが代表的ですが、コンシーラーというアイテムをプラスして使うことによって、シミやクマ、ニキビ痕といった肌トラブルを、さらに目立ちにくくカバーすることができます。そしてコンシーラーは、その形状に様々な種類があります。自然になじむリキッドタイプや、少し硬さのあるクリームタイプ、ピンポイントでシミ等を隠すことができるスティックタイプなどです。顔の皮膚は、場所によって厚みが異なり筋肉の位置にも違いがあります。要するに崩れ安さが場所によって変わってくるのです。これらのテクスチャーの違ったコンシーラーを、使う場所ごとに使い分けることで、より自然で時間が経っても美しいベースメークに仕上げることができるのです。

タイプに合った使い方

実際にそれらのコンシーラーを使い分ける場合、より適した場所をそれぞれご紹介します。まずリキッドタイプのコンシーラーは、伸びが良いので、おでこや方法の細かいニキビや赤みなど、広い範囲をカバーしたいときに効果的です。クリームタイプは密着感に優れているので、目尻や口角の影など、表情筋が発達し、よく動かすところに使うと良いです。このときに、ワントーン明るい色を用いるとくすみが晴れて若々しさが出ます。スティックタイプの固めのコンシーラーは、濃いニキビ跡やシミなどを、ピンポイントにしっかりと隠したいときに向いているアイテムです。この時少量ずつ重ね付けをして叩き込むことで、長時間立っても崩れにくい、陶器のようなベースメイクに仕上げることができます。

肌に負担の少ないメイク

基礎化粧品

オンリーミネラルは、ミネラルで作られた肌に優しいファンデーションです。微粒子化されているので塗りやすく、肌の色合いが明るくなる上、紫外線もカットされます。パフで塗ることもできますが、ブラシを使った方がムラが生じにくくなります。また、ブラシだと肌触りがソフトなので、塗る際の肌への刺激も少なくなります。

もっと読む

気になる部分を隠す

鏡を持つ婦人

部分的なシミや肝斑は肌色よりも濃く、ファンデーションでのカバーは通常不可能です。ダークな色を基本としたコンシーラーは、このようなシミ隠しに重宝されています。シミの色調に適合するカラーバリエーションが、コンシーラーの人気の秘密です。美白が出来る商品を利用すれば、メイクの間にもケアが出来ます。

もっと読む